片頭痛を取り去るか、眼の苦痛をとるか、どちらがいいのでしょうか。

暖房を使うといったどうしても気になるのが湿度のダウン。
視線が乾いてしまい、視線の痛みが気になるので、濡らした手ぬぐいを座敷の置き場にわたってある。
これで視線の痛みも、ついでに喉も傷みづらくなるので助かっているのですが、うち障碍がありまして。
というのも、私の状態、湿度が高くなるといった片頭痛というか、頭が痛くなってしまう。先ず頭が痛くなると、その日内輪痛みが貫く感じで、結構障碍なのです。
ふさわしい湿度に変化できればいいのですが、そうはいってもこういう手ぬぐいをかけるだけの湿度変化では、何だか良い度合いの湿度にはならず、どうも湿度がのぼりすぎてしまいます。かといって手ぬぐいを濡らさないでいると、今度は視線が痛くなって……。
起きているときは賢く変化しようとしているのですが、殊更障碍なのが夜交わるシーン。
ちっちゃな電気ヒーターをうちつけているので、湿度がやむを得ず下がり気味。かといって手ぬぐいを思い切り濡らしていると、今度は午前起きたときに頭が痛くなって要るという状況で非常に困ってある。
寝ているのですから感が乾いていても視線は痛まないのですが、あまりに喉が痛くなってしまうので……。
予め湿度を調整するのに、手ぬぐいだけでは耐え難いのでしょうか。そうするとやっぱり加湿ケースを買わなければならないのですが、ビビッってそれほど湿度がのぼり過ぎてしまうので、難しいところですね。
賢く湿度を調整して得る、割高の加湿ケースの獲得を検討するしかなさそうですね。http://malmoyouthgames.com/