崩れて行く日本語に時期を取ったインスピレーションって違和感といった悲しさを感じる

昭和郷里の身だ。
きちんと抱腹絶倒思い込みを持たずに、若い人とも仲良くやって行きたいとしている。
も、やはり、言い方とかメイルに書いている日本語を読むと、個々はわずか違うなとか、個々は歳をとってしまったなと、見受けることもあります。
弊社にも例年新入働き手が入ってきますから、彼たちとお話をしたり自社メイルを通していたりすると、ジェネレーションギャップを感じてしまう。
近頃も、自社での打ち上げがあって、みんなで飲みに行ったのですが、若い人たちが訴える略称とか不思議な日本語を理解できなかったりして、同年代の個々って上司といった顔を見合わせてしまいました。
でも若い子陣はセリフを訂正することもなく、我が行き来のコミュニケーションを突き進みます。
おんなじ邦人なのに、どうもセリフの妨害を感じるなんて、ふとやるせないビジョンになりました。
私の上司が、新入働き手たちのメイルの日本語の落ち度を指図したり、話し言葉をメイルに使ってはいけないことなどを伝えていました。
彼たちは「はぁ~い」って返答を通していましたが、てんで改善されていないニュアンスを見ていると、おそらく規則正しい日本語や職業セリフのマナーを知らないんだろうなと思いました。
今は、我らが違和感を感じたり、加筆したりしていますが、後で、今の若い人たちが訴える日本語が普通になるのではないかと苦しいビジョンになりました。個人的に車を売りたい